ブランド財布を売却する時の注意点を解説!高く売れる財布やおすすめ買取店はどこ?

ブランド品の財布はブランド買取店で手軽に売却できます。

次の財布を買うための資金に充てたり、ちょっとした臨時収入にもなったりするため、使用していない財布は早めに売却するのがおすすめです。

ですが、新品ならほぼ同じような価格帯の財布でも、ブランドによって買取価格は大きく変わってきます。

ここでは、高く売れる財布の条件や、少しでも高く売るためのポイントおすすめの買取店などを解説しています。

不要な財布を売却したい方は参考にしてください。

値段が付きやすい財布の傾向

高値で売れるかどうかは、ブランドによってほぼ決まります。

定価が高くても人気のないブランドは、中古品の需要が低いため、値段はつきにくい傾向にあります。

また、ブランド品の場合、定番モデルの財布やブランドロゴが入った財布に高値が付きやすいです。

反対に高級ブランド品にもかかわらず、大きくロゴが入っていない品や、ぱっと見ブランド品かどうかわからないような品物も、高く売れづらいです。

使用感のある財布は高値は付きづらい

使用感がある財布はハイブランドでも高値はつきづらい

財布全体に共通する傾向として、使用感がある財布には高値がつきづらいです。

普段使いする財布は、一年以上使うとかなり使用感が出てしまいます。

どんな高級ブランドでも使用感がある財布は、購入価格の10%程度が買取相場の目安です。

具体的には以下の項目が財布の査定で見られるポイントです。

小銭入れの黒ずみ

財布の色にもよりますが、黒以外の明るめの色の場合、使用に伴い小銭入れの部分に使用感が出やすいです。

小銭入れが黒ずんでいるものは、どんなに外側が綺麗でも使用感があると見なされます。

またカードスロットに押し跡などがついてしまっていることも、使用感の1つとして見られます。

本体の痛みや傷

レザーの財布の場合、角の擦れや傷、本体の型崩れなども判断基準です。

PVCレザーなど特殊な素材の場合には、特有の反りが起こったり、破れたりする場合もあります。

程度にもよりますが、次に使用する方の目線に立って、使用を避けたいほどダメージがある場合、買取価格はかなり安くなるでしょう。

ファスナーが壊れているなど使用に難があると安値

使用に差し支える難がある財布は、金額自体が付きにくい傾向にあります。

  • ファスナーホックが取れている
  • ジップが固い
  • ボタンやがま口が緩い

これらの項目に当てはまってしまうと、どんなに高級ブランドの財布でも、価値は低くなってしまいます。

財布はバッグなどと違い、修理してまで使用する方は少ないため、壊れているとほぼ売れません。

高値で売りやすいブランド

ブランドに関して、一番高く売れやすいのが以下の3つです。

  • HERMES(エルメス)
  • LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)
  • CHANEL(シャネル)

これらのブランドはいつの時代も人気が高く、流行り廃りのないハイブランドとして地位を確立しています。

特にこのなかでもエルメスはもっとも定価も高く、20万円以上するものがほとんどですので、仮に使用感のある中古品でも値段は付きます。

また、ルイ・ヴィトンの財布は幅広い層に需要があるため、定価は3つのブランドの中で一番安いものの、安定して値段が付く傾向にあります。

ルイ・ヴィトンのジッピーウォレットは、ブランド財布のなかでも特に売却価格が高く、新品であれば定価の8割程度、程度の良い中古品であれば3万円程度で売却できます。

買取相場1万円前後のハイブランド

上記以外のハイブランドの財布は、中古品だと大幅に値崩れしてしまう傾向にあります。

このラインの代表的なブランドを挙げると、

  • GUCCI(グッチ)
  • PRADA(プラダ)
  • FENDI(フェンディ)
  • BALENCIAGA(バレンシアガ)
  • SAINT LAURENT(サンローラン)

これらのブランドは、中古品だと買取相場は1万円前後が上限となってしまいます。

いずれも人気の高いハイブランドでありながら、中古で購入する人は少なく、高値がつきづらいです。

購入から1年程度しか使っておらず、程度が良い場合には、もう少し金額がつくケースがありますが、数年前のモデルになってしまうと極端に価値が落ちてしまいます。

これらのブランドは高く売れるルイ・ヴィトンやシャネル、エルメスなどに比べ、財布の代表的なモデルがないため、旧作の人気がないことも要因です。

値段が付きづらいブランド

以下のブランドの財布はブランド買取店であまり値段が付きません。

  • MIU MIU(ミュウミュウ)
  • Cartier(カルティエ)
  • DOLCE&GABBANA(ドルチェ&ガッバーナ)
  • COACH(コーチ)
  • FURLA(フルラ)
  • kate spade(ケイト・スペード)
  • Michael Kors(マイケル・コース)

いずれも新品やほぼ未使用の品物であれば、値段は付くものの、使用感がある中古品の場合には、買取相場1,000円程度となってしまいます。

コーチやフルラといったアウトレット店が多いブランドは、新品の財布が3万円以下で購入できてしまいます。

安価なブランドは中古品が安く市場に流通しています。それでも新品を購入する人がほとんどのため、買取査定においてほぼ値段がつかない傾向にあります。

財布を少しでも高く売るためのポイント

財布を少しでも高く売るためのポイントを解説しています。

基本的にはある程度状態の良い品でないと、値段が付きづらいため、かなり使用感のある状態の悪いものは、何をしても限界があります。

ですが、中古品として需要がある状態の良い品の場合には、下記項目にも注意して査定に出すのがおすすめです。

付属品を揃えて売る

状態が良い品の査定では付属品の有無も影響します。具体的には1,000円程度変わる可能性があります。

また、新品のまま売りたいという場合には、付属品が全てないと新品と見なさない買取店もあるため注意しましょう。

財布の付属品は主に「箱」「ギャランティカード」などです。

ギャランティを含め保証書の類はブランドによって取り扱いが異なりますが、中古の財布の査定においては、ほぼ影響しないことがほとんどです。

シャネルはシリアルシールの有無で金額が変わる

財布に限らず、シャネルの製品はシリアルシールの有無が査定に大きく影響します。

別途「シャネルの項目(別ページに移動)」でも解説していますが、シャネルは製品本体に貼られたシールと、購入時に付属するギャランティカードに記載された番号の一致によって、正規品と証明できます。

どちらも揃えて査定に出すことが理想的ですが、特に本体に貼られたシールが剥がれてしまったりして、なくなっていたりすると査定で減額されてしまいます。

事前にチェックしておくと良いでしょう。

ショップカードがないと買取不可な場合もある

ギャランティカードの代わりにショップカードを発行しているブランドもあります。

代表的なブランドは「セリーヌ(※現在ではショップカードは廃止されています)」です。

セリーヌは良質なレザーでかつシンプルなデザインが特徴です。そのため高精度なコピー品が大量に流通していて、ショップカードのない中古品のセリーヌは買取不可とする買取店も存在します。

中古のセリーヌの財布の査定をする際には、事前に買取店に問い合わせしてから査定するのがおすすめです。

ブランドバッグや小物とあわせて売る

ブランド品の買取店は、より多くの品物をまとめて査定することで、トータルの査定額にもおまけをしてくれる傾向にあります。

財布一点はどんなに高級ブランドでも、中古品だと一点3万円くらいが限界です。

そのため利益を大きく取ろうとすると、どうしても買取価格を下げるしかなく、財布1点のみの査定だと高い金額が提示されづらいです。

より財布を高く評価してもらうためには、カードケースやキーホルダーなどの小物類、不要なバッグや貴金属も、あればまとめて査定に出すことも検討しましょう。

複数社の買取店で査定を比較する

買取店によって数千円から数万円程度は、査定価格が異なるケースは多いです。

より高く売りたい場合には、一社だけでなく複数のお店で査定価格を比較することもおすすめです。

しかし、実際に査定に出すとなると手間も時間もかかります。

そのため事前に写真などを送り、目安の金額を伝えてもらったりするのが効率的です。

財布の買取におすすめの買取店

ブランド品の財布の売却におすすめの買取店をまとめています。

お店によって、買取に力を入れている品物の傾向や、利用方法などが異なるため、自分に合ったお店選びが重要です。

コメ兵

ブランド専門の買取店で最大手のコメ兵です。全国にお店もあり、宅配買取等の便利なサービスも充実しています。

ブランド品の買取においてもっとも実績のあるお店のため、ブランド品の財布ならなんでも買取してもらうことができます。

バッグや貴金属にも力を入れているお店ですので、ブランド品のまとめ売りにもおすすめです。

また、小売販売がメインなお店のため、新しめの財布や状態の良い財布に強い傾向にあります。

店名 コメ兵
買取方法 店頭買取・宅配買取
ポイント ・ブランド買取店の最大手
・ブランド品ならなんでも取り扱い可能
・豊富な買取実績で業界のスタンダード

ブランディア

テレビCMなどでもお馴染みのブランディアはブランド品の宅配買取専門店です。

ブランド品の財布であれば、新品中古問わず、どんな品物でも値段をつけてくれます。

他のブランド買取店では取り扱いしていないような、BEAMSやPaul Smithなどのファッションブランド寄りのブランドの品物でも値段をつけてくれるため、不要な衣服のまとめ売りに非常に便利です。

宅配買取専門のお店のため、初心者にも使いやすく、はじめて買取店を利用する方にもわかりやすいサービスです。

店名 ブランディア
買取方法 宅配買取
ポイント ・ブランド品専門の宅配買取専門店
・査定料や返送料などは一切無料
・高級ブランド買取店より幅広いブランドを取り扱い

バイセル

バイセルはブランド品や骨董品を専門に取扱う出張買取の専門店で、全国どこでも出張買取が可能なお店です。

木村佳乃さんを起用したテレビCMなどでも有名で、上場企業による運営のため、クーリング・オフ制度や24時間電話オペレータなどサービス面も充実しています。

状態が悪い品物にも強く、査定にかかる費用も一切無料のため、値段だけでも気軽に聞きたいという際にも便利です。

店名 バイセル
買取方法 出張買取・持ち込み買取
ポイント ・最短即日のスピードNo.1の出張買取
・査定にかかる手数料は一切無料
・全国どこでも出張可能

まとめ

中古の財布はブランドによって買取相場が大きく異なります。

ルイ・ヴィトンやシャネルなど人気のブランドであれば、数万円以上の金額で売却できますが、中古品の需要が低いブランドになると途端に値崩れします。

どうしても単体では値段がつきづらい品物は、他にも不要なバッグや小物などもあわせて売却することをおすすめします。

財布は複数持つ方は少なく、自宅に使っていないブランド品の財布がある方は、多少安くても買取店で売却しても良いと思います。

そのまま置いておいても、品物が古くなっていくだけでなく、経年劣化し価値は下がっていく一方です。

いずれにせよ売却するのであれば、早く売ることも重要です。

お手元にある財布の売却を検討している方の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です