切手を買取で高く売る方法とは?おすすめの買取店の選び方を解説

今の若い方たちには、そもそも切手にあまり馴染みがないかもしれません。

ですが、切手は古くから日本文化に根付き、切手収集が流行った時代もありました。

捨てられずに取ってある、でも実際に使うには量が多すぎるという気持ちがわかる人も多いと思います。

そんな人におすすめなのが切手の買取です。

切手専門に買取をしてくれるネットの業者なども増えているため、簡単にまとめて売ることができます。

どんな切手が売れるのか?

日本国内で製造された切手に関しては、大きく分けて二つの種類があります。

  • 記念切手(枚数制限があり期間限定で記念品として販売された切手)
  • 普通切手(発行枚数に制限がなく通常郵便で使われるための切手)

コレクターとして切手を収集していたような方の場合、記念切手の割合が高いと思います。

普通切手は特にコレクターの方でなくても、使い切れずに大量に余っている・・・なんてことも。

結論から言うと、これらはどちらも買取することができます

普通切手より、限定品の記念切手の方が高いのでは?と思われがちですが、実際にはそんなこともありません。

記念切手でも発行枚数の多いものは普通切手と変わらない値段の場合も多いですし、反対に普通切手でも古いものは希少価値が高く、金額も高いということも考えられます。

状態が悪くても買取可能

状態がよく綺麗に保管されているに越したことはありませんが、昔の切手の場合は状態が悪くなっていることも考えられます。

ただ下記のような範疇であれば、基本的には買取が可能と判断しても大丈夫です。

  • 折れたり丸まっていたりする
  • シミや汚れがある
  • 表面が日焼けしている
  • 耳紙が破れてしまっている

ですが切手本体が破れてしまっていたりすると、値段がつかない場合もあります。

切手は破れていたり、穴が空いていたり、読み取れないほど汚れているものは郵便で使用することができません。

使用できない切手には価値がつかないというのが大前提となります。

バラでも買取可能

切手の買取はシートごとでなくても、バラ切手でも可能です。

レアな切手の場合はシートで査定することでより高価となる場合がありますが、バラ切手でも値段がつきます。

消印があるものは基本NG

使用済みの消印があるものに関しては、基本的には値段がつきません

破れていたりするのと同じで、あくまで使用できるものが買取の対象になります。

ですが極めて希少価値が高い切手などの場合には、消印があっても値段がつく場合があります。

上に記したように原則としては使用できるものが買取対象にはなります。

切手の種類ごとの買取相場について

切手は種類が多いため、一点ごとの買取相場については、査定に出してみないとわからないというのが正直なところです。

ただプレミア価値がついていたり、珍しいものでない限り、額面の70%〜80%前後が相場となっています。

大まかな相場はチケットショップの公式サイトなどにも目安が明記されていますので、参考にしてみてください。

日本の記念切手

天皇陛下の即位や御成婚、改元時などの国内行事、またはオリンピックやサミットなど国際行事を記念して数を限定して発行される記念切手には価値があるものも多いです。

額面金額の10倍程度にまで相場が高まっているものもあります。

  • 見返り美人:1948年発行(発行枚数150万枚)
  • ビードロを吹く娘:1955年発行(発行枚数550万枚)
  • 月に雁:1949年発行(発行枚数200万枚)

このあたりは昭和30年以降に訪れた切手ブームから、希少価値が高くプレミア切手として知られています。

見返り美人などは1991年に復刻されるも、額面金額が変更されていたり、当時の品はより高いプレミア価値を残しています。

記念切手に関しては、古いものほど希少で、切手に注目が集まる前の昭和30年以前に発行されたものは、特に価値が高いと言われています。

また近年の記念切手はキャラクターをモチーフにしたものも多数登場していて、ドラえもんやスヌーピーなどの記念切手も高値で取引されています。

日本の普通切手

普通切手は、現在も発行されているものから古いものまで幅広くあります。

基本的には記念切手のように希少価値の高いものは少ないため、額面以上での買取は期待できません。

しかし古いものであれば記念切手のようにプレミア切手となっているものも存在します。

1971年に日本で最初に発行された「竜切手」をはじめとする1980年代に発行された普通切手は、現在も数万円以上という価値がついている場合もあり、買取価格も非常に高いです。

海外切手の買取相場について

海外の切手はよほどのコレクターでない限り、持っている方は少ないと思います。

ですが、国内切手とは異なり世界中のコレクターが憧れる希少な品も多く、買取価格は高いものもあれば低いものもあります。

世界ではじめて発行されたイギリス切手

1840年にイギリスで発行された「ペニーブラック」は世界ではじめての切手として今も高い価値があります。

ヴィクトリア女王の横顔が印刷されたこの切手は総計7,000万枚ほど発行されたにもかかわず、現在では博物館ものともいえる希少性です。

消印が押された品しかほぼ残っていないと言われています。

プレミア価値が高い中国切手

海外切手の中でも特に有名なプレミア切手と知られるのが「赤猿」を含む十二支切手です。

赤猿は中国で初の年賀切手として発行されたものも、発行枚数は少なく現代では非常に高いプレミア価値がついています。

現存するものが極めて少ない赤猿切手。そもそも中国切手は価値が高いとされていますが、その中でも類を見ない希少価値を誇ります。 その買取相場は、価値が下がりやすいといわれるバラの状態でも10万円前後とされています。
出典:赤猿切手|福ちゃん

バラ切手でも非常に高額での買取対象となっており、切手の中でも非常に価値が高い品です。

人気は世界的にも高いため、模造品も多数流通していると言われています。

少しでも高く売るための査定のポイント

切手を少しでも高く売るための査定ポイントを解説しています。

査定に出す前に下記項目をチェックしてみることをおすすめします。

シートで保存されている切手の方が高値

切手の査定は保存状態が全てです。

バラ切手よりもシートでの査定の方が高いというのも、バラにしてしまうよりシートの方が保存状態が良い可能性が高いという理由も含まれています。

そのため査定時にもバラバラに見せるより、クリアファイルやクリアシートにしっかり整頓されている状態で見せる方が印象も良いでしょう。

希少な切手は折れてしまわないように取り扱いにも注意しましょう。

査定に出す前に自らで状態をチェックして、折れているものなどは重しで伸ばしたりするのが良いでしょう。

発行枚数が少ないものほど高く評価

切手は発行枚数が少ないものにプレミア価値がついています。

流通数が多いものは中古でも手に入りやすいため、相場が高騰しにくい傾向があります。

大量の切手を査定する際に、自らで価値がわかる場合にはある程度自分で仕分けしておいた方が良いでしょう。

切手の査定は一枚一枚チェックするのがかなり大変な作業になりますので、万が一貴重な切手を見落とされることがないようにしましょう。

複数の買取店で査定に出す

一円でも高く売りたいという場合には、複数の買取店に査定依頼を出すことも手です。

手間はかかってしまいますが、より多くの買取店で見積もりを出してもらってからの方が、その分高く売れる可能性も高まります。

お店に持ち込むと待っている時間なども膨大になりかなり大変ですので、その際には宅配買取などの査定サービスがおすすめです。

ただお店によって査定後のキャンセル時に送料が発生したりする場合もあるため、事前にチェックしておいた方がスムーズかと思います。

切手を売る方法について

切手を売却するためには、チケットショップや切手専門の買取店で査定してもらう必要があります。

質屋やリサイクルショップなどでも取り扱いしている場合もありますが、基本的には相場以下の値段となる可能性が非常に高く“金額を気にしない”“他のものもまとめて売りたい”という方以外には決しておすすめはできません。

専門知識があるお店を利用するのが吉

切手は種類も多く、正しい金額をつけるのであれば一点一点ごとの知識が必要です。

そうした理由から、幅広い商品ジャンルを取り扱うリサイクルショップなどよりも、より専門的に買取している骨董品や切手などの買取店がおすすめです。

現行で発行されている切手に関しては、チケットショップなどの換金屋を利用するのも一つの手ですが、古い切手の場合は専門店を利用するのが良いでしょう。

宅配買取や出張買取という便利な方法もある

実際に持ち込むのが手間だと感じる方も多いと思いますが、近年では宅配買取や出張買取といった査定方法もあります。

  • 宅配買取:査定したい切手を送る
  • 出張買取:鑑定士が自宅まで来てくれる

こうした方法を利用することで、手間なく気軽に査定することができます。

特に数が多い場合には、宅配買取を利用するのが一番便利かと思います。

切手買取におすすめのお店

切手の買取で実績があるお店を紹介いたします。

専門的に取り扱いしているため、古い切手や大量の切手を査定してもらうのに非常に最適です。

福ちゃん

切手や骨董品などをメインに取り扱いしていて、切手の買取実績も非常に豊富です。

公式サイトにも切手の買取実績が豊富に公開されていて、安心感の高い買取店だと言えます。

全国での宅配買取、出張買取のどちらにも対応していて、非常にスムーズに大量の切手でも査定を行うことができます。

バイセル

着物や切手などを主に取り扱いしている出張買取専門店です。最短即日での出張買取が可能な他、専門知識に長けた査定員を多く抱えています。

色々と比較してから売却したい場合などには利用してみるのもおすすめです。

まとめ

今や携帯電話やインターネットの普及で、切手を利用するシーンは少なくなりつつあります。

ですがいまだにコレクター人気は高く、希少な切手は高く売れますし、普通切手を買取してくれるお店も多いです。

使わない切手が手元に大量にある場合には、こうした買取店で査定だけでも依頼してみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です