中古の靴の買取相場はいくらくらい?少しでも高く売るためのポイントは?

靴は基本的に売りづらい傾向にある中古品です。

レアものであれば中古需要が高いものの、そうでない一般的な靴の中古品はどうしても需要が低いです。

消耗品ですので履いてしまえば劣化もしてしまい、サイズという売りづらい難点も抱えています。

現実的に靴を高値で売ることのハードルは高いです。

ただブランド品であれば、値段は付きますし、希少な品の中にはプレ値が付いている品も存在します。

ここでは靴の買取の傾向、少しでも査定を上げるポイントなどを解説しています。

手元の靴を売りたいという方の参考になれば幸いです。

靴の買取相場はいくらくらい?

靴は、バッグや財布と比較しても値段が付きづらい傾向にあります。

衣服全般に値段が付きづらいとも言えますが、サイズによって買う人が限られてしまう靴は、より中古品の需要が少ないです。

そのため、中古市場での流動性も低いため、買取店がこぞって高値をつけるジャンルではないというのが正直なところです。

実際にブランド品などを除くと、1,000円以上の金額で売れる靴は限りなく少ないです。

中古品だと買取相場が安い

靴は中古品となってしまうと価値の下落が大きいです。

そして履き潰した靴にはまず値段が付きません。買取査定で値段が付く品は、そこそこ綺麗な状態の靴であることが条件です。

定価が1万円以下の靴に関しては、履いてしまうとほぼ値段がつかないと考えてください。

また、あくまで目安にはなりますが、買った時の金額の1/10以下くらいが買取相場となります。

サイズが大小極端なものは需要が低く買取不可な場合も

靴はサイズもあるため、極端に大きい品や小さい品にも値段が付きづらいです。

中古でもブランド品など需要が見込めるものであれば、値段が付かないということはまずありませんが、特にブランドではない安価な靴でサイズが極端な品は、買取不可となるケースもあります。

  • レディース:22.5cm〜24.5cm程度
  • メンズ:25.5cm〜28.5cm程度

靴に関しては上記のような、一般的なサイズの範囲でないと売りづらくなります。

新品であれば値段が付くものも多い

一度も履いていない靴であれば値段が付く可能性も高いです。

ただしこれも少し高めの1万円〜くらいの価格帯の靴でないと値段は付きづらく、人気の高い品でないとかなり安めとなってしまいます。

未使用品でも定価の20%以上で売れれば良い方くらいに考えてください。

ブランド品の靴の買取相場

ブランド品であれば、よほど履き潰していない限り、基本的に金額が付かないということはありません。

しかしそれでもバッグや財布などと比較すると買取率は低めです。

新品状態のブランドの靴でも定価の30%程度が目安となり、アパレルと同じく各シーズン新作が登場するため、買った瞬間から価値が下落してしまいます。

10万円以上するブランドの靴でも買取相場は1万円程度

手に入りにくい人気の靴を除くと、定価が10万円以上の靴でも中古品の場合には1万円前後が買取相場となります。

ブランド品でも使用感が目立つような品になると、3,000円〜5,000円前後となる傾向にあります。

当然、捨てるよりは良いと言えますが、高く売るというよりも処分するついでにくらいの感覚でいることをおすすめします。

革靴なら値段が付きやすい

靴にも種類がありますが、基本的には「革製の靴」がもっとも値段が付きやすい傾向にあります。

男性向けの革靴やブーツ、女性向けのパンプスやブーツなど、お手入れをすれば長く使えるというのが革製品の特徴です。

布やビニール素材に関しては、一度劣化してしまうと修復が難しいため、どんなに高価な靴でも中古品としての価値は限りなくゼロとなってしまいます。

今、スニーカーが高く売れる

プレ値で取引されるスニーカーの数々

スニーカーは今空前のブームを迎えていて、希少なスニーカーは定価を遥かに上回るような高値で取引されている場合もあります。

ただしスニーカーが全般売れるというのは間違いで、基本的に一般的に販売されているスニーカーで中古でも値段が付く可能性は低いです。

あくまで一部のモデルのみ高騰しています。

NIKEのスニーカーが高騰している

特に注目を集めているのがNIKEのスニーカーです。

米プロバスケットボールNBAで一時代を築いたマイケル・ジョーダンさんが試合で使用したサイン入りのバスケットシューズが17日競売にかけられ、56万ドル(約6000万円)で落札された。競売大手サザビーズが明らかにした。

スニーカーの落札価格としては史上最高額を更新した。引用:「エアジョーダン1」が6千万円で落札、スニーカー史上最高額|CNN

2020年には上記のようなニュースが取り上げられました。

本人が着用しているのだからプレ値が付くのは当然と思う方も多いと思いますが、NIKEのエアジョーダンシリーズは古いものから新作までプレ値が付いている品も多いです。

特に「エアジョーダン1」や「ダンク」などの定番モデルは、新作が出るたび注目され、定価で購入するのは難しい状況が続いています。

そのため市場では定価以上で取引されていて、買取でも高値が付く可能性が高いです。

新しい品物だけでなく、当時は量販店で普通に売られていたにもかかわらず、今になって人気が高まっている品もあるため、自宅に眠らせていたスニーカーがいつの間にかお宝になっているという可能性も捨て切れません。

adidasやNew Balanceも人気が上昇

NIKEほどではありませんが、adidasやNew Balanceのスニーカーも人気が高まっています。

adidasのYeezy Boostシリーズや、New Balanceの1000番台以上(USA製、イギリス製)などの品物は特に人気が高く、中古でも売れやすいスニーカーだと言えます。

どちらも定価が2万円〜3万円前後と、スニーカーにしては高めなため、中古品の需要も高いです。

通常スニーカーは履いてしまえば、買取で売るのは難しい傾向にありますが、これら人気のスニーカーであれば中古品でも数千円以上値が付くケースも多いです。

高く売れる靴のブランドについて

靴は特別人気のスニーカーなどを除き、ある程度名の知れたブランド品でないとほぼ値段は付きません。

ここでは人気のハイブランドをはじめ、値段が付きやすいブランドについて解説しています。

女性人気の高いハイブランドの靴

靴に関して、女性人気の高いハイブランドは以下です。

  • HEREMS(エルメス)
  • CHANEL(シャネル)
  • PRADA(プラダ)
  • Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ・フェラガモ)
  • Christian Louboutin(クリスチャン・ルブタン)

エルメスに関しては、他のハイブランドと比較して、もっとも定価も高く中古品の需要も高いブランドです。

それなりに状態が良い場合には2万円以上の値段が付くことも多く、買取では値段が付きやすいハイブランドと言えるでしょう。

その他のハイブランドは1万円前後くらいが買取の目安にはなってきます。

男性人気の高いハイブランドの靴

男性の人気となると、また女性とは違った傾向があり、どちらかというと革靴をメインとしたブランドに高値が付きやすい傾向にあります。

  • Berluti(ベルルッティ)
  • JOHN LOBB(ジョン・ロブ)
  • Alden(オールデン)
  • GUCCI(グッチ)
  • BALENCIAGA(バレンシアガ)

女性向けの靴でもっとも高く売れるブランドがエルメスならば、男性向けはジョン・ロブとなります。

高級な革靴は一生モノと称される品質の高さが特徴で、ジョン・ロブやベルルッティ、オールデンといったブランド品は人気は高いです。

中古の品でも、しっかりと手入れが行き届いた品であれば3万円以上値のつく場合もあります。

グッチやバレンシアガはどちらかというとスニーカーなどカジュアルな靴が人気です。

バレンシアガのトリプルSなど特に人気の高いスニーカーであれば、中古でも2万円前後の買取相場となっています。

少し安めでも値段が付きやすい靴のブランド

ハイブランドとまではいかないものの、比較的値段が付きやすいブランドを紹介していきます。

これ以上安価な品となると、かなり値段が付きにくくなってしまいますので、売れる靴か売れない靴かの目安にもなるかと思います。

  • RED WING(レッド・ウィング)
  • Dr.Martens(ドクターマーチン)
  • Clarks(クラークス)
  • REGAL(リーガル)
  • COACH(コーチ)
  • DIANA(ダイアナ)
  • UGG(アグ)

中古品でも値段が付くというギリギリのラインが上記のブランドです。

未使用品であれば3,000円〜1万円前後、中古品であれば一足1,000円くらいが目安となります。

ただ使用感が激しかったりすると、値段が付かなくなる可能性も高いという点は注意してください。

靴を少しでも高く売るためのポイント

靴の査定を少しでも上げるためのポイントを紹介します。

査定に出す前にチェックしておくことをおすすめします。

可能な限りで汚れを落とす

靴の査定に関しては、もっとも重視されるのは状態です。

かなり使用感がある品に関しては、どんなにハイブランドの靴であっても値段は付きにくい傾向にあります。

できる範囲で綺麗に見せることは最低限できる査定アップのポイントとなります。

インソールやアウトソールは綺麗にできる

インソールに関しては、使っていくうちにゴミや埃が溜まり、そのまま査定に出してはより状態が悪く見られがちです。

一度インソールを外し、中の汚れを取るなどしておいて損はありません。

アウトソールに関しても、小石やゴミが隙間に挟まっていると見栄えも悪いです。

アウトソールの黒ずみや汚れは、消し込みやメラミンスポンジである程度綺麗に見せることもできます。

ただ、過度に擦るとソールが磨り減ってしまうため、やりすぎは禁物です。

しかし中古品であれば、それを差し引いても、見た目を綺麗にする方が得する可能性が高いです。

綺麗な状態なら付属品の有無も重要

靴の査定においては、付属品の有無は金額にあまり影響しない傾向にあります。

付属品があったほうが良いケースとしては、

  • ブランド品であること
  • 状態が新品に近いこと

これらに当てはまる靴に関しては、付属品があって損はありません。

特に新品未使用品や、新品に近い綺麗な品物の場合は、付属品の有無がのちの販売に影響すると判断され、ないと査定に減額されることもあります。

買った時の付属品としてシューレースが複数ある場合や、ブランドのシューキーパーが付いている品物に関しては、数千円〜数万円の減額対象となる恐れもあるため、必ず合わせて査定に出すことをおすすめします。

靴を売るのにおすすめの買取店

靴を売るのにおすすめの買取店を紹介しています。

買取店によって得意としているジャンルが異なるため、売りたい靴のジャンルに合わせて使い分けるのがおすすめです。

ブランディア

幅広いブランドを取り扱いしている宅配買取専門店のブランディア。

靴に関しても、ダイアナやドクターマーチンなど比較的安価なブランドでも買取強化しているため、他店より高い査定が期待できます。

取り扱いブランドの検索機能があるため、安価な靴でも事前にチェックしてから査定を依頼することができます。

もちろんハイブランドに関しても取り扱いしているため、靴をまとめて売りたいという場合にも最適です。

送料等も一切無料で利用できるため、初めて宅配買取を利用するといった方でも気軽に利用することができるお店となっています。

コメ兵

出典:コメ兵

ハイブランドの靴であればブランド買取最大手のコメ兵がおすすめです。

全国に店舗があり店頭でも査定が可能、宅配買取や出張買取といったサービスも充実しているため誰にでも簡単に靴の査定ができます。

多くの買取実績があるお店のため、相場に関しても適切に査定してもらえることは間違いありません。

その分状態などの判断もシビアなため、あまり使用していないハイブランドの靴を売却したい場合におすすめです。

古着買取王国

古着買取王国は流行りの衣服や靴の買取に長けた宅配買取店です。

NIKEのスニーカーや流行りのファッションブランドの靴なども取り扱いしています。

3,000円ごとに1,000円アップというキャンペーンもおこなっていて、対象ブランドには「ZARA」や「VANS」「Reebok」といった安価なブランドが含まれているところも嬉しいポイントです。

まとめ

靴は買取店で値段が付きづらいことは事実です。

しかしあまり着用していない品や、珍しい品であればしっかりと適正な価値で売却することができます。

ボロボロに履き潰した靴は捨てるしかないという可能性もありますが、もう履かないけど捨てるにはもったいないような靴であれば、一度査定に出してみることもおすすめです。

お手元の不要な靴を買取で売りたいという方の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です