廃車処分の手続きを徹底解説!おすすめの買取店と選ぶ際の注意点

不要な車は放っておいても自動車税や維持費が発生します。そのため廃車にすることでこれらの費用の発生を止めることが可能です。

自分で手続きをすることもできますが、業者にお願いするという方が多いでしょう。

ここでは自動車を廃車にする際に、便利な廃車買取店の選び方について解説しています。

廃車の買取を利用する場合、単純に買取金額の高さだけでなく、税金の還付の取り扱いなど注意すべき点も多いです。

はじめて廃車手続きをする方は参考にしてください。

廃車処分の際に知っておくべき基礎知識

業者に依頼する前に、あらかじめ知っておくべき知識についてまとめました。

自動車の廃車(抹消登録)について

自動車の廃車というと、壊れている自動車を処分する、解体するといったイメージが持たれますが、廃車とは自動車の登録を抹消するというのが正しい認識です。

登録を抹消すると公道では走行ができなくなり、自動車の維持にかかる税金なども発生しなくなります。

壊れて乗れなくなったからといって放置したり、車検を切らしたりした状態のまま乗らずにいても登録自体は消えません。

廃車にする手続きを行い、はじめて登録が抹消されます。

自分で手続きをすることもできる

廃車手続きは管轄の陸運局で自ら行うこともできますが、最終的に車が手元に残るため、そのまま残しておける方はいいですが、最終的には車本体を回収業者などにお願いしなくてはなりません。

そのため、手続き前の状態で「廃車買取店で引き取ってもらう」のが手っ取り早い方法です。

廃車手続きの種類

普通車の廃車手続きには大きく分けて「永久抹消登録」と「一時抹消登録」があります。

軽自動車においては「解体返納」「一時使用中止」と名前が異なりますが、意味は同じです。

また、自動車を国外で販売輸出する場合には「輸出抹消登録」といった別の廃車手続きが必要になります。

基本的に廃車手続きは上記二つとなるため、この二つの違いについて解説します。

永久抹消登録

永久抹消登録とは、事故車などもう乗れないほど壊れてしまった自動車の登録を永久に抹消する方法です。

そのため車を解体した後に、永久抹消登録の手続きを行う必要があります。

一度永久抹消登録した車は再度使用することはできません。

一時抹消登録

一時抹消登録は永久抹消登録と違い、再登録することでまた利用できます。

ナンバープレートの返上という意味合いが一般的です。

永久抹消登録とは違い、以下のようなときに利用されます。

  • 長期間にわたって自動車を利用しない場合
  • 長期的な修理を行う場合

手続きをすれば、再登録までの期間は自動車税を支払う義務がなくなります。

廃車にするにはもったいない自動車などは、一時抹消登録をして中古車として再販されるケースがほとんどです。

査定で値段がつく自動車とつかない自動車

廃車の買取店で値段がつく条件は、完全に価値がないと見られないことです。

事故車など使用が難しい自動車に関しては、永久抹消登録になりますが、分解してパーツとして価値があれば買取でも値段がつく場合があります。

そのため壊れていて乗れないからといって、価値がゼロになることはありません。

しかし、買取店側も廃車の手続きなどの費用がかかるため、それを差し引いても値段がつくかどうかが重要です。

年式があまりに古すぎる自動車や、走行距離が多い自動車などに関しては、買取価格がつかない場合や回収費用が発生する場合もありますが、そうした自動車でない限りは値段がつくケースが多いです。

廃車専門店なら値段がつく場合がある

自動車の売却方法としては、販売店の下取りや車の買取店が挙げられます。

しかしこれらは廃車を取り扱っていない場合も多く、廃車手続きとして費用を取られてしまうこともあります。

買取店とは違いお金を受け取るのではなく、払うことになります。

ただし、通常の中古車店では金額が取られてしまうような自動車でも、廃車専門の買取店では値段がつくケースもありますので、廃車を売却する場合には、一度は廃車専門店に問い合わせましょう。

廃車買取店を選ぶ際に注意すべきポイント

廃車の買取店を利用すれば便利ですが、お店によって細かな違いも

廃車買取店を選ぶ際には、注意すべき点がいくつかあります。

条件を満たさないと、反対に費用がかかってしまうこともあるため、選ぶ際に下記の項目をチェックしておくか、事前に問い合わせるのが良いでしょう。

還付金の取り扱い

廃車手続きをすると、支払っていた自動車税が還付されることがあります(※月の均等割で計算されます)。

お店によっては買取価格に含まれていて、説明がないまま、うやむやにされてしまうこともあります。

還付金の取り扱いは買取店ごとに異なるため注意が必要です。

しっかり還付金の説明があり、買取価格の内訳に記載してくれるお店が良心的です。

自動車税の納税は4月のため、そのすぐ後であれば買取価格が高いと謳うお店がありますが、理由は還付金の都合も含まれています。

レッカー費用などの有無

動かない自動車を買取する際には、レッカー費用など一切かからないお店を選ぶのがおすすめです。

レッカー費用が買取価格に含まれているという見方もできますが、自社でレッカー車を持っているお店も多いため費用自体はそこまで高額にはなりません。

さらにいうとリサイクルの解体工場も抱えているお店の方が、解体時の費用も抑えられるため買取価格が高い傾向にあります。

独自の販路を確保しているかどうか

廃車の買取店はいかに独自に販路を持っているかどうかで買取価格に差がつきます。

国内の市場には中古車店であれば簡単に販売できますが、海外などに独自の販路を持っているのが理想です。

廃車の多くは海外で再利用されるケースも多く、中抜きが多ければ多いほど買取価格も低くなっていきます。

そのため直接海外に販売できるような体制の買取店を利用することで高く売却できます。

キャンセル費用の条件

万が一に備え契約キャンセルの条件は事前に確認すべきポイントです。

中には軽い口約束で契約が成立し、その後キャンセルには手数料がかかるといったお店も存在します。

査定依頼だけであれば、基本的に無料ではあるものの、どの段階から費用が発生するのかどうか確認しておくのが良いでしょう。

おすすめの廃車専門の買取店

廃車を専門に取り扱うおすすめの買取店をまとめました。

お店選びの際に参考にしてください。

廃車本舗

出典:廃車本舗

廃車本舗は廃車を専門に買取しているお店で、通常の買取店では値段がつかないような事故車や動かない車、ボロボロの車などでも買取してくれます。

全国3カ所に自社リサイクル工場も持っているため、廃車の手続きから解体まで全て自社で行える強みがあります。

廃車費用も一切無料で、レッカー代なども無料ですので、単純に買取金額だけを見れば良いという点も初心者におすすめのポイントです。

成約後には一律3万円のキャンセル費用がかかるため、その点だけ注意しましょう。

ウェブからも簡単見積もり相談ができるため、まずは手軽に金額感を知りたい方にもおすすめです。

廃車王

出典:廃車王

廃車王は全国150店舗を構えていて、ウェブ経由の査定依頼だけでなく、実際にお店に行って相談することもできます。

他にもLINEでの簡単相談窓口などを設けていて、気軽に相談する際にも便利です。

ディーラーなどで廃車として処分手数料がかかるような自動車でも、無料で引き取ってくれる特徴があります

還付金を含めた買取事例が公式サイトにも掲載されているためチェックしてください。

店舗を利用すれば現金で受け取ることもできるため、より早く換金したい方にもおすすめです。

カーネクスト

カーネクストも「満足度93.4%(出典:カーネクスト)」と評判の高い廃車買取業者です。

海外に独自の販路があるため、人気やトレンドの車種だと10万円以上の高価買取事例も多いです。

こちらもサイト上に買取事例が多く掲載されているため参考にしましょう。

還付金が含まれた総額のみの提示ですので、査定依頼の際には還付金の割合を確認しておくことをおすすめします。

廃車ラボ

出典:廃車ラボ

廃車ラボは東京都調布市にある廃車専門の買取店です。

引き取りの際のレッカー費用などは無料になっていて、さらにまだ走行可能な場合、自分で持ち込みをするとその分キャッシュバックもしてくれます。

査定時にも自動車税、重量税、自賠責保険などの還付金をしっかり提示してくれるため、安心できるお店だと言えます。

手続き完了の際に証明書なども発行してくれるため、はじめての方にも安心できるポイントです。

廃車を少しでも高く売るためのコツ

最後に廃車を少しでも高く売るためのポイントを解説していきます。

廃車になってから早めに査定に出す

自動車の査定では年式や走行距離が重視されます。

そのため、査定に出すのは早めの方がより高く売れる可能性も高まります。

車両本体が故障していて値段がつかない場合でも、解体したパーツ自体に価値があるケースもあります。いずれにせよ古くなればなるほど価値は下がってしまいます。

また廃車にすると決めてから放置期間が長いと、サビや劣化などを進行させます。

保管状態に注意しつつ、できるだけ早めの売却がおすすめです。

複数社で見積もりを取る

より高く売るためには複数社で見積もりを取った上で売却するのがベストです。

自動車の買取は一般の中古車であろうと廃車であろうと、業者によって金額が大きく異なります。

廃車の場合には、基本的に100万円以上の高額な査定はまずつかないため、そこまで大きな差額になりませんが、それでも数万円から10万円程度の金額差が出ることがあります。

面倒ですが1社で判断せずに複数社で見積もりを取り、比較した上で売却することも重要です。

時期による相場の変動に注意

売るタイミングによっても買取価格は変動します。

中古自動車の市場は、主に年度末が繁忙期、5月に入るとやや閑散期となり市場の流通数も減ってきます。

そのため、5月以降がもっとも買取相場は高い傾向にあります。

ただし上記で説明した還付金の項目でも触れたように、自動車税の納付は4月ですので、差し引くとそこまで大きな差にはならないケースも多いです。

時期を見て売却するのは、初心者の方には難しいため、思い立ったらなるべく早めに売るというのが一番です。

まとめ

廃車の処分は手続きこそ自分で行えるものの、最終的な解体などは業者に任せる他ないという方がほとんどです。

そのため手続きから業者に任せられる、廃車専門の買取店を使うのが便利です。

ただし業者によって、還付金の扱いや手数料などに違いがあるため、あらかじめリサーチした上で選ぶようにしましょう。

廃車の処分を検討している方の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です