ルイ・ヴィトンを買取店で少しでも高く売る方法は?査定に出す前に注意すべきこと

ルイ・ヴィトンは世界中でもっとも地名度があり人気の高いハイブランドです。

中古市場においても、ルイ・ヴィトンの製品は普遍的なデザインと品質の良さが高く評価されており、古いものでも高い金額で売却できる傾向があります。

ここではルイ・ヴィトンの近年の買取傾向、少しでも高く売るために注意すべきポイントなどを解説しています。

ルイ・ヴィトンの買取相場は上昇中

ルイ・ヴィトンの買取相場は上昇傾向にあります。

いま中古ブランド業界では10年~20年前の古い中古商品の買取相場がとっても上がっています。
もう廃盤になってしまって手に入らないからとか、世界的にブランド正規店の定価が上がったからとか、いろいろ理由はあります……が、最も大きな理由としては、アジア圏、特に東南アジア辺りの外国人のお客様のご来店が増えていることと、その外国人のお客様にいま正規店で販売している商品と比較するとずっと安く買える中古品が非常に良く売れているからなんです。 引用元:ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の中古買取相場が上昇中!|ギャラリーレア

アジア圏内の景気上昇に伴い購入希望者が増えているにもかかわらず品薄状態となっている為でルイ・ヴィトンの買取価格も上がってきています。引用元:七福神

定価が年々上がっていることもあり、中古市場への注目が高まっていることが主な要因です。

状態が比較的良い品や、昔買った限定のバッグなどは想像以上に値段がつくかもしれません。

世界中で古いルイ・ヴィトンが流行している

ヴィンテージのルイヴィトンバッグ

レトロなルイ・ヴィトンバッグは世界中で需要がある

ルイ・ヴィトンの相場が上がっている背景には、世界的なブランドヴィンテージのブームがあります。

インスタグラムなどのSNSがきっかけで世界中の多くの人がルイ・ヴィトンの古いバッグを目にする機会が増えました。

それによって「レトロな雰囲気が可愛い!」とクラシックなバッグや小物の需要が高まったのです。

日本でも渋谷や表参道を中心にブランドヴィンテージショップは増えていますが、これは国内だけでなく世界中で起こっているブームなのです。

限定モデルなどはプレ値がついている場合も

モノグラムマルチカラー

過去に限定販売されていたマルチカラーのモノグラム

ルイ・ヴィトンは長年に渡って「モノグラム」や「ダミエ」という定番モチーフを一貫して使い続けていて、古い品でも古く感じないという特徴があります。

その中でもそれら定番モチーフに手を加えた「限定ライン」を定期的に発表することもルイ・ヴィトンの魅力です。

限定ラインは一度販売されると、その後に再販されることはなく、昔出た限定モデルながら今でも人気が高い品も多いです。

そうした品物にはプレミア価格がついていることもあり、さらにヴィンテージ人気も重なり相場は高くなっています。

中古品でも高く売れる可能性が高い

ブランド品の買取において、使い込んだ中古品には値段がつきづらいです。

しかしルイ・ヴィトンはデザインが古くならないことに加え、丈夫さも兼ね備えています。

正規サポートも充実しているため、状態が悪くても値段がつかないということはありません

形を変えずに不動の人気を誇るアルマやスピーディ

ルイ・ヴィトンの代表的なモデルは、三十年以上前から形をほぼ変えずに今も売られているものがあります。

これら定番モデルは買取相場も安定していて、いつの時代も人気が高いです。

スピーディ

ルイヴィトンのスピーディ

ボストンバッグを小型にしたハンドバッグです。サイズ展開も25、30、35、40と豊富です。
近年はショルダーストラップが付属する「スピーディ バンドリエール」の人気も高いです。

アルマ

丸いフォルムが特徴のハンドバッグです。過去には数多くの限定モデルもありました。
モノグラムやダミエといった定番だけなく、女性らしいヴェルニのモデルも人気が高いです。

キーポル

主に旅行用に作られた大型のボストンバッグです。サイズ展開は45、50、55、60と大容量まで対応しています。
数多くの海外セレブが愛用していることでも知られ、女性だけでなく男性からの需要も高いです。

流行りの2WAYタイプやショルダーバッグが高値

定番品以外にも、ファッショントレンドによって買取相場は変動していきます。

今は大型のバッグよりも、小型で使い勝手の良いバッグの方が人気が高いです。

ルイ・ヴィトンは中古品まで含めると、膨大な数のバッグを展開してきましたが、トレンドに沿った「小型のショルダーバッグ」「2WAYハンドバッグ」などが高評価な傾向です。

少しでも買取査定を上げるためのポイント

正直、後から査定額を大幅に上げる裏技は存在しません。

しかしバッグなどであれば、細かな差で5,000円程度査定が変わることがありますので、以下の項目を査定前におさえておくことをおすすめします。

査定前には付属品を確認

査定に出す前に必ずチェックしておきたいのが付属品があるかどうかです。

物にもよりますが、これが一番査定に大きく影響します。

ショルダーストラップなどの付属品は必須

バッグに付属の2WAYショルダーストラップなどはもっとも査定に影響する付属品です。

ルイ・ヴィトンはストラップだけでも購入できますが、もっとも安いものでも新品は3万円以上します。


出典:ルイ・ヴィトン公式オンライン

そのためストラップ部分だけでも値段がつきます。

場合によっては有無で数万円単位で査定額が変わってくるため、“今ちょっと見つからないけど・・・”といってそのまま査定に出すよりも、必ず合わせて査定に出した方が良いです。

ポーチなどが付属している場合も必須

ネヴァーフル付属品のポーチ

ネヴァーフルに付属しているポーチ

バッグによっては「小さいポーチ」などが付属している場合もあります。

ストラップ同様に査定に大きく影響する付属品となりますので、これらも合わせて査定に出すことをおすすめします。

ポーチが付属している主なバッグ
  • ネヴァーフルPM・MM・GM
  • バケット(マレ)PM・GM
  • パピヨンPM・GM

カデナや鍵も査定に影響する

バッグによってはカデナが付属している品もあります。

ストラップのように単体で売られているようなものではないため重要度は低いですが、こちらもあったほうが良いです。

中古品であれば箱はあってもなくてもOKというお店が多い

そのほかの箱や布袋に関しては、中古品の場合は査定に影響しないと言われるお店も多いです。

新品のまま売りたいなどの場合、箱や布袋がないと“新品と評価することができない”と言われる可能性がありますが、それ以外の場合は、それだけで金額が安くなるということは少ないです。

修理には必ず正規サポートを利用


出典:Jorge Franganillo/flickr

原則としてブランド品を自分で修理したり、社外のメンテナンスをしてしまうと査定は下がります。

レザーをケアクリームなどでメンテナンスをするくらいであれば問題ありませんが、補色修理やパーツの交換をしてしまうと査定時の評価は必ず下がってしまいます。

社外のバッグ修理などを利用すると見た目は綺麗になっても、ハンドルやストラップが社外品に交換されたり、補色部分に若干の色のズレが起こったりします。

鑑定士などの目にはわかってしまうため、自分で使用する分には問題ありませんが、中古品としての価値は下がるということは覚えておきましょう。

壊れている品物は正規サポートでの修理してからのほうが高い!?

ルイ・ヴィトンの製品は基本的に全て正規サポートでの修理やメンテナンスが可能です。

有償にはなってしまうものの、古くて剥げてしまった金具の交換などは、場合によって修理に出してから査定に出すという方法もあります。

ルイヴィトンバッグの金具

金具の交換や修理は正規サポートでも有償

金額は修理項目によってまちまちなため、一概には言えませんが、安く行える修理の場合は直して売るほうが高くなることも大いにあり得ます。

正規サポートによる修理の場合は、実際に店舗に持ち込み、預けたのちに見積もりという流れになります。

参考リンク ルイ・ヴィトン公式リペアサービス

面倒ではありますが、希少なバッグの場合には検討しても良いと思います。

その場合、事前に買取店に問い合わせて修理前、修理後の査定額の目安を聞いておくとより安心です。

直せない汚れについて

持ち手が汚れているルイヴィトンバッグ

汚れてしまったヌメ革は修理不可

上記のようなヌメ革の黒ずみに関しては、直しようがありません。

ヴェルニの色移りやシミ

エナメル素材はシミができたり色ヤケしやすい

エナメル素材である「ヴェルニ」も写真のように小さなシミや、色移りなどがしやすいです。

また保存環境によってはベタつきや色焼けなども出てしまいますので、こうなると手の施しようがありません。

このように修理が不可な汚れや傷もあります。

そういう場合は残念ながらそのままの状態で査定してもらう他に方法はありません。

複数点まとめて査定に出す

ブランド品の買取査定は、個別に査定をお願いするよりも、複数点まとめて査定に出した方が金額が高くなる傾向があります。

特に低単価な財布などは一点だと値段がつきづらい場合も多いです。

買取価格が安い品物は、買取店としても利益になりづらいため、一点で高く買取するというのは難しいです。

できることなら複数点まとめて査定に出すように心がけることをおすすめします。

ルイ・ヴィトンの買取におすすめの買取店

ルイ・ヴィトンのバッグは多くのブランド買取店で売却することができます。

少しでも高く売りたいとのことであれば、より知識に長けたブランド専門の買取の利用がおすすめです。

コメ兵

コメ兵は、ブランド専門の買取店で最大手です。
全国にお店もあり、宅配買取等の便利なサービスも充実しています。

ブランド品の買取においてもっとも実績のあるお店のため、ルイ・ヴィトンの買取も迷わず任せることができます。

ブランディア

テレビCMなどでもお馴染みのブランディアはブランド品の宅配買取専門店です。

ルイ・ヴィトンも当然取り扱いしていますし、一般的なブランド専門店よりも、幅広いブランドに対応しています。

BEAMSやPaul Smithなどのファッションブランド寄りの品物でも値段をつけてくれるためまとめ売りに非常に便利です。

まとめ

ルイ・ヴィトンは中古の需要が高く、買取においても値段がつきやすいブランドです。

特に海外の需要やヴィンテージブランドがブームとなっている今、売り時としてはとても良いタイミングになっています。

少しでもルイ・ヴィトンを高く売りたい方のお役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です