着物を少しでも高く買取するためのポイント!おすすめの買取店や査定のコツを徹底解説

長らく使われていないにもかかわらず、家のタンスに眠る着物の数は多いとされています。

しかしながら着物を買取できるところはそう多くありません。

それに専門の買取店であれば数十万円で売れる品が、近所のリサイクルショップだと1,000円程度の査定ということも起こりえます。

今回はそんな使用していない、この先も着ることがないであろう着物をどうしたら高く買取ってもらうことができるのかということを徹底解説しています。

着物を売却する方法

着物を実際に売ろうとする場合、いくつかの手段が考えられます。

めんどくさいから捨ててしまおう・・・という方も多くいらっしゃいますが、捨てる前に必ず査定に持っていくことをおすすめします。

売る方法はいくつかありますがメリットとデメリットがあるため、必ず正しい知識を身につけた上で売却することをおすすめします。

着物を売る方法についてそれぞれ説明していきます。

リサイクルショップで売る

誰もが一番に思いつくことがリサイクルショップで売ることです。

リサイクルショップは近年非常に増えていて、大型店から小型店まで含めると、近所にリサイクルショップがないという地域を探す方が難しいほどです。

それゆえにもっとも利用するハードルが低い売却方法だとも言えます。

金額面はやや安いが他のものもまとめて売るのに最適

しかし結論から言って、着物を高く売却することには不向きです。

何故ならリサイクルショップは幅広い品物を取り扱う多ジャンルなお店だからです。

着物の正確な値踏みをするためには、より専門的な深い知識が必要です。

リサイクルショップの鑑定士も当然一般人や、着物が好きな方くらいの知識は備えているものの、どんな着物でも適正価格をつけられるほどではありません。

そのため、価値が高く、より珍しい着物になればなるほど、適正な査定額がつきづらいのです。

しかしながら、不要なものを売却する上で、どんなものでも値段をつけてくれるというのは非常に便利ですので、家にある不要なものを売りに行く、そのついでに着物もということであれば便利であることには違いありません。

ネットオークションやフリマアプリで売る

次にネットオークションやフリマアプリで売るという方法が挙げられます。

特にフリマアプリは近年非常にユーザー数も増えていて、手軽でかつ気軽に物を売れることで注目されています。

当然着物も出品することができ、自分で値段を決められるというメリットがあります。

量が多い場合売り切るのが困難

ただ数点の着物を売る場合には、先が見えますが、より多くの量を売りたい場合には、時間も手間もかかります。

また、金額が自分で決められることは、金額に対する満足度が上がる一方、値付け自体かなりシビアとなります。

サービスを介するとはいえ、個人間の取引になるため、かなり安く設定しないと結果的に売れないということも考えれます。

知識がある方であればより高く上手に売ることができる可能性はあるものの、手間と手数料などを考えるとより玄人向きであることは否めません。

着物専門の買取店で売る

上記した両者の良いところを兼ね備えているのが、着物専門の買取店で売却する方法です。

着物の専門買取店というとそこまでポピュラーではありませんが、骨董品買取店のように、意外と地域に存在しています。

近年ではかなり大手のお店も出てきていて、より高く買取するというお店も増えてきました。

その背景には海外で日本の着物人気などもあり、中古の着物の需要が高まっていることも要因として挙げられます。

専門知識があるため正確な鑑定ができる

着物専門店を利用するメリットは、一番に正確な鑑定ができるということです。

リサイクルショップなど不定期に着物が入荷するお店と違い、買取後の販路がしっかりしているため、より高い金額を提示することができます。

また珍しい着物や作家物、伝統工芸品などに関しても、正しい目利きをしてくれるという点も他にはないメリットです。

はじめての方に向けた利用方法などは後述しますが、現状着物を売却する手段の中でももっとも手軽でかつ高い値段で売ることができるのが、専門店を利用することです。

着物を買取してくれる専門店について

着物を専門に扱う買取店は大きいところから小さいところまで様々です。

実際に着物を持ち込むというとはじめての方はハードルが高いかもしれませんが、宅配買取や出張査定というサービスを行なっているお店も増えています。

そういった方法を利用することで、はじめての方でも簡単に着物を売却することができます。

買取店選びで注意する点

はじめて利用するという場合だと、どのお店に頼めば良いのかという点がもっとも悩むところです。

良い買取店を選ぶポイントとしては、以下の項目をリサーチするしかありません。

  • 実績が豊富である
  • 手数料などの有無
  • 買取方法や対応スピード
  • 口コミ評価が高い

小さなお店でも優良店はありますが、なかなかその店を見つけ出すのは難しいです。

失敗しない確率を高めるのであれば、ウェブ上にたくさんの口コミや評判が書かれているより大手のお店が良いでしょう。

買取店の利用方法について

買取店の利用方法は大きく分けて三種類あります。

  • 店頭持ち込み買取
  • 宅配買取
  • 出張買取

一つはお店に実際に持ち込みその場で査定してもらう方法です。

これがもっともポピュラーですが、着物の場合数が多いと非常に嵩張るためあまり現実的ではありません。近所のお店にしか行きづらいということもデメリットです。

宅配買取は、着物を買取店にまとめてダンボールなどに梱包して送り、査定結果を後日受け取るという方法です。

一度にまとめて査定できますし、送る手間こそかかりますが、送った後は待っているだけですので、時間を取られないといったメリットがあります。

出張買取は自宅まで査定員が訪問してくれ、その場で査定から金額の受け渡しまでしてもらえる方法です。

着物の場合は出張買取を利用する方が非常に多いです。信頼できる買取店でないと呼びづらいという点はあるものの、利用者側の手間は一切ないため、もっとも便利だとは思います。

着物売るなら方法は宅配買取や出張買取がおすすめ

着物の場合は、持ち運びする手間が非常に大変なため、宅配買取もしくは出張買取がおすすめです。

着物の買取を専門におこなっている買取店であれば、どちらも選んで利用出来るお店も多いため、あまり時間が取れないということなら宅配買取、平日の昼間の空いた時間、休日まとめてということであれば出張買取というように使い分けることが良いでしょう。

クーリング・オフの有無など

あまり利用することはないかもしれませんが、大手の買取店であれば買取後のクーリング・オフに応じてくれるお店も多いです。

はじめての方はこうした点もチェックしておいて損はありません。

おすすめの着物専門の買取店

着物の買取店で大手のお店は決して多くありません。

いくつか紹介していきますので、出張や宅配などの使い勝手から選ぶのが良いと思います。

バイセル

バイセルは着物を専門に取扱う出張買取の専門店で、全国どこでも出張買取が可能なお店です。

木村佳乃さんを起用したテレビCMなどでも有名で、上場企業による運営のため着物買取の最大手といえる買取店です。

あらゆる着物に対応している他、帯や反物、和装小物などの関連小物も買取してくれます。

状態が悪い着物にも強く、証紙などがない場合にも査定が可能なので、はじめて着物の買取を利用するという方にもおすすめです。

店名 バイセル
買取方法 出張買取・持ち込み買取
ポイント 最短即日の出張買取
査定にかかる手数料は一切無料
全国どこでも出張可能
女性査定員の指名可能

福ちゃん

福ちゃんは店頭買取、宅配買取、出張買取の中から選べる買取方法で非常に使いやすいお店です。

着物買取の実績も豊富なため、安価な着物から、作家物や伝統工芸品など高額な着物の査定まで安心して任せることができます。

電話での相談や、ウェブフォームより写真を送っての見積もりサービスなども充実しています。

店名 福ちゃん
買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
ポイント 買取実績600万点の確かな目利き
無料WEB査定サービスも充実

ザ・ゴールド

創業50周年と古い歴史を誇る買取店で、全国に78店舗展開しているため、持ち込み査定にも便利です。

「親切・丁寧・明快(わかりやすい)」をモットーにしていて、地域に根差した買取店というのがコンセプトとなっています。

着物以外のブランド品や、生活雑貨などにも値段をつけてくれるため、自宅の整理整頓にも重宝するお店です。

店名 ザ・ゴールド
買取方法 宅配買取・出張買取・店頭買取
ポイント 創業50周年、全国に78店舗展開している老舗
着物以外の骨董品やブランドなども買取可能

着物買取の相場感

実際に着物を売却する際の、相場についても解説しておきます。

着物に関しては、着用する場面(TPO)によって種類、格が存在します。

買取においても格式高い着物の方が平均的には高値がつきやすい傾向にあるものの、カジュアルに着用できる着物に関しても、より状態の良い品や、豪華な品である場合には、より高額での買取ができます。

着物の種類(TPO)別買取相場

具体的に着物の種類で分けると以下のようになります。

区分 種類 売却相場
礼装着(第一礼装) 打掛、黒留袖、本振袖、喪服 〜15万円
略礼装着 色留袖、訪問着、振袖、付け下げ、色無地、江戸小紋 〜20万円
外出着 小紋、絞り、お召、更紗、無地の紬 〜10万円
普段着・浴衣・街着 紬、絣、黄八丈、銘仙、木綿、浴衣、ウール 〜20万円

上に行くにつれて格式が高いものとなります。

高級な着物は、仕立て直しができるかどうかが重要で、サイズ感や色柄が一般的な品物の方が買取においては高値がつきやすいです。

高級着物や作家物の買取相場

着物の種類以外に買取価格に大きく影響する点が、高級着物(ブランド品)や作家物であるかどうかということです。

着物の高級ブランドの例

  • 京友禅「千總」
  • 江戸小紋「竺仙」

これらは老舗着物ブランドとして非常に人気が高いです。

「TSUMORI CHISATO」のような高級ブランドの着物も「ブランド着物」という括りではありますが、中古市場では老舗の着物ブランドの方が人気の傾向にあります。

ブランド着物以外にも、地域特産の「伝統工芸品」として、ブランド着物と似た扱いをされているものもあります。

経済産業省が定める伝統工芸品の定義

・主として日常生活の用に供されるもの
・その製造過程の主要部分が手工業的
・伝統的な技術又は技法により製造されるもの
・伝統的に使用されてきた原材料が主たる原材料として用いられ、製造されるもの
・一定の地域において少なくない数の者がその製造を行い、又はその製造に従事しているもの

出典:伝統工芸品|経済産業省

上記の基準で着物やその製法が伝統工芸品として認められているものも多く、それらはブランド着物と同じように非常に人気があります。

  • 大島紬(鹿児島県)
  • 結城紬(茨城県・栃木県)
  • 牛首紬(石川県)

これらが代表的な伝統工芸品の着物の例です。

生産元が発行している共通のタグの有無が伝統工芸品を見分けるポイントになります。

作家物・人間国宝の例

著名な作家が手がけた着物を作家物と呼びます。

その中でも重要無形文化財の保持者として国から認定された「人間国宝」の作品は非常に価値があります。

  • 上野 為二(うえの ためじ)友禅
  • 木村 雨山(きむら うざん)友禅
  • 羽田 登喜男(はねだ ときお)友禅 など

人間国宝の作家物の着物は、最低でも数十万円以上、数百万円を超える値段で取引される品もあるため着物の中でもっとも価値が高いジャンルです。

着物関連の小物も買取が可能

また着物の買取においては、帯や小物類もまとめて査定することができます。

帯ひもや帯留め、草履や下駄なども金額は少ないですが値段がつく傾向にあります。

着物用のバッグなどもデザインや素材によって金額の幅は様々です。

一点でもある程度まとまった金額になる品は少ないですが、まとめて整理したいという場合には合わせて査定に出すのをおすすめします。

着物の査定のポイント

着物を売却する上で、知っておくと得する査定のポイントを解説していきます。

落款や証紙の有無

高級ブランド着物であれば産地や素材などを証明する「証紙」が付属しています。

作家物などの場合は「落款」といって作者の印が着物に記されていることが殆どです。

着物の鑑定や査定をする上で、上記二つは非常に重要な役割となります。

貴重な着物を証明する証となるため、無い場合は本来の価値から減額査定となることもあります。

無い場合でも売却は可能

これらは査定において、あってマイナスに働くことはありません。

しかし無い場合でも、売却することはできます。

ただ貴重な作家物などを証明する場合は、落款が無いと認められないことも可能性としてはありえます。

そういった場合には違う買取店に持っていったり、より専門知識に長けたお店で査定してもらう以外対策はありません。

状態が悪い着物は売れるの?

着物を高く売るためには、保存状態が非常に重要です。

基本的に中古で買取された着物は、外国人向けに海外で販売されたり、着物のレンタル屋さんで扱われたりされることが多いです。

いずれにせよ誰かが再利用することが前提です。著しく状態が悪く、再利用ができないと判断されれば値段がつかない場合もあります。

状態が悪いものは修理が前提

着物は修理することも可能です。ただ着物の修理は非常に高額です。

どんなに価値の高い着物でも修理が必要と判断されれば、相応の値段での査定となってしまいます。

また織物の着物であれば比較的修理が可能ですが、染物は修理ができない場合もあります。

紬などの着物がより高く売れやすいというのは、そういった理由もあるのです。

悪質な買取店に注意

着物の買取店の中には、悪質な買取店も少なからず存在すると言われています。

特に突然の電話営業や予約のない訪問買取などには注意しましょう。

そういった買取店の場合、自らも正しい知識がないと、本来あるべき価値より安い金額で手放すことになるかもしれません。

まとめ

着物の買取は近年になってから需要が高まり、急速に買取店も増えていきました。

そのため着物は専門の買取店以外のリサイクルショップなどでも取り扱われるようになりましたが、やはり信頼のおける専門店でないと高額査定はつきづらいのが実情です。

しっかり目利きのできるお店であれば、案外値段も高く売却することができるため、自宅に眠らせていてもったいないから誰かに使って欲しいという方には非常におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です