古着の買取はどこがおすすめ?少しでも高く売るポイントを解説

古着は誰もが気軽に売ることができる品物です。

特に最近では「宅配買取」を利用して不要な衣服を売る方も増えていて、家にいながら手軽に古着を売却できると注目されています。

しかし古着ならなんでも売れると思ったら間違いです。

ここでは高く売れる古着や、古着を少しでも高く売るためのポイントなどを解説していきます。

是非参考にしていただければ幸いです。

古着買取なら洋服はなんでも売れるは間違い!?

いらない洋服は捨てるより売りに。エコの観点で見ると非常に素晴らしいことです。

しかし現実にはお金になる古着とそうでないものがあります。

その違いを一言でいうと「中古で欲しい人がいるかどうか」です。

実際に中古でも欲しいと思える洋服はどんなものでしょうか?

“新品だと高くて購入できないから中古で安く買いたい”
“安いし気にならないから中古でいい”
“古いものだから新品が手に入らない”

この辺りが古着を購入している方たちの意見だと思います。

何かしらの需要がある洋服でないと、いくら古着とはいえ、値段がつかないという可能性があります。

ハイブランドや中堅ブランドまでは値段がつきやすい

もっとも古着で値段がつきやすいのはハイブランドや流行りのブランドの衣服です。

定価が高額なため、古着で安くなれば需要があります。

また、リアルタイムで人気のブランドになれば、定価以上の値段でプレミアがついていることもあり、状態がよければ定価以上で売れるケースもあります。

中堅ブランドってどれくらい?

そこまで高価なブランドでなくても、値段がつきやすいものもあります。

値段で比較するため、あえて“中堅ブランド”と呼称しましたが、いわゆるファッションビルなどに入っているブランドです。

マルイやパルコといったビルによく入っている「BEAMS」「UNITED ARROWS」あたりだと思ってください。

Tシャツが4,000円以上くらいのメーカーさんが基準です。

この辺りのブランドであれば、古着を査定に出したとき値段がつきます。

プチプラメーカーは二束三文

いわゆるプチプライスと呼ばれるような、安価な衣服ブランドの場合、古着の買取ではかなり査定がつきづらいです。

「GU」や「H&M」といったメーカーは、新品の需要は高く、人気があるものの、古着になると需要が限りなくありません。

定価が安いため、わざわざ中古で安く買わなくとも・・・となる人が多いからです。

靴やベルトにも値段がつくの?

古着の買取店であれば、靴やベルトなども査定してくれます。

ただし靴に関しては、使用感がかなりシビアに査定されます。中古の靴はいくらブランド物であろうと、買った時の金額と比較するとかなり安くなりがちです。

一緒に売ることは推奨しますが、あまり高値を期待しすぎると裏切られる結果になるかもしれません。

わざわざ中古で買うほどではないため中古では売れづらい

同様の理由で、安めの衣服やブランド名が広く知れ渡っていないような古着は、査定に出してもほぼ値段がつきません。

なんとなく捨てたくはないので、引き取ってもらいたい。くらいの需要でしたら、問題ないですが、どうせならお金にしたいという需要で査定に出すと、悲しい現実を突きつけられます。

ボロボロの古着は値段がつかない

状態が悪い衣服に関しても、値段がつきづらいです。

値段がつくというのはあくまで需要があってのことですので、いくらブランド品で高価なものであろうと、ボロボロの洋服は誰も着たくないというのと同じです。

それ以外にも、極端に小さなサイズや大きなサイズなども、一般的なサイズよりも査定しづらい傾向にあります。

古着を少しでも高く売る方法

古着を売るときに少しでも高く売るために気をつけるべき点をまとめてみました。

シーズンに合わせて査定に出す

衣服にはシーズンがあります。夏物であれば夏前に、冬物であればシーズンより少し前に査定に出すことがおすすめです。

店側の立場になって考えるとわかると思いますが、シーズン外の古着は買取してもすぐに販売することができません。

もちろんよほど人気の品物であれば、あまり関係ありませんが、基本的には需要が高まるシーズンより少し前に査定に出す方が、その額は高くなりやすいです。

クリーニングなどで状態を改善する

古着は状態によって金額も変わってきます。

ハイブランドのアウターなどの場合は、むやみに洗濯しない方が良いこともありますが、基本的には綺麗にしてから査定することをおすすめします。

店舗に持ち込む場合も、しっかり折りたたんで持ち込んだ方が確実に印象も良いです。

宅配買取の場合にも、ダンボールに乱雑に詰め込むのではなく、一点一点しっかり梱包する方がしないよりは良いでしょう。

まとめ売りをする

買取においては、点数をできるだけ多く査定することも重要です。

一点一点は値段がつきづらい商品でも、まとめ売りなら値段がつくことも考えられます。

明らかに値段がつきづらいような状態が悪い古着や、安価な古着をまとめて査定に出すことはおすすめしませんが、あまり使っていないバッグや靴などもまとめて売ることは効果的です。

古着を売却するのにおすすめの買取店

古着を宅配買取で売却したい場合におすすめの買取店をまとめてみました。

お店によってどんな古着に強いかなど、特色が異なるため、売りたい古着に合わせて使い分けることがおすすめです。

ブランディア

ブランディアはブランド品の宅配買取のイメージが強いものの、ファッションブランドなどいわゆる高級ブランドでなくても幅広く対応してくれます。

他の宅配買取サービスと比較しても簡単でサービスが整っているため、はじめて宅配買取を利用するという方にもおすすめです。

流石にプチプラメーカーの衣服には値段がつきづらい傾向がありますが、ある程度名の知れたメーカーであれば値段がつく可能性が高いです。

査定後の返送費用なども一切かかりませんので、とりあえず気軽に古着を売りたいという方にもおすすめできます。

コメ兵

ハイブランドの衣服や靴などを売却したい場合にはコメ兵がおすすめです。

通常ブランド買取であれば、レディースには力を入れていても、メンズものに力を入れていないというお店も多いです。

しかしコメ兵は全国に販売店をもち、かつメンズだけのお店なども出店しているように、ブランド品のバッグや財布だけでなく、衣服や靴の販売にもとても力を入れています。

そのためハイブランドの古着にも高価買取が可能です。他のお店と比較すると、売れるブランドが高価格帯だけに限られますが、その分ブランド品は高く売れる可能性が高いでしょう。

フクウロ

ハイブランドからファッションブランド、スポーツメーカーまで幅広く対応してくれるのがフクウロです。

こちらも宅配買取専門のサービスのため、査定を比較したいときや、他の買取店では値段がつきづらいものを売りたい場合にはおすすめです。

アディダスやナイキなどのメーカーまで幅広く対応してくれるため、安めの衣類を売りたいという場合には選択肢が少ないため、ここに送ってみるのも手です。

まとめ

古着の買取に関しては、物によっては非常に安値しかつかないものもあります。

ブランド品などであれば中古の衣服でも需要がありますが、やはりもともと安めの古着などはよほど状態が良い品でない限り値段がつかないことも考えられます。

古着を売却する場合、大前提として、そこまで大きな金額で売ることは難しいことは念頭に置いておいた方が良いと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です