エルメスを買取店で少しでも高く売るためのポイント!おすすめ買取店も解説

エルメスは数ある高級ブランドの中でも、もっともステータス性が高いブランドとされています。

価格帯も非常に高いため、中古品の需要も高く、買取でも高値がつきやすいブランドです。

エルメスの製品は上質な革素材を使用したオールハンドメイドという点が一番の特徴で、生産数が少ないため一部人気のモデルなどはプレミア価値がある品もあります。

ここではエルメスを買取で売却する際に、知っておくと得するポイントや少しでも高く売るためのポイントを解説しています。

少しでも参考になれば幸いです。

エルメス買取の傾向と分析

エルメスは新品中古問わず、買取率が高いです。

定価もかなり上昇していて、古い品物でも想像以上に高値がつくこともあります。

バッグの買取率が非常に高い

非常に希少価値が高いバーキン

エルメスの中でももっとも中古市場で需要が高いのがバッグです。

特にレザー製のエルメスのバッグは価値が落ちづらく、中古でも高い金額で取引されています。

また近年のファッショントレンドとしては肩がけ可能な2WAYショルダータイプや、色々なファッションに組み合わせやすい小型のバッグに人気が集まっています。

特にバーキンやケリーはプレミア価値がある品も多い

エルメスのバッグの中でも人気が高いモデルがあります。

  • バーキン
  • ケリー

ブランドに詳しくない方でも一度は耳にしたことがある、この2つの代表的なモデルは今現在でも入手が難しく、中古市場では定価以上の値段で売られているものも多いです。

色や素材によって価格は異なるものの、状態の良い品であれば100万円前後での買取となります。

かなり古い品物でも値段がつかないということはなく、むしろ絶版になった限定モデルなど高騰している品物も多く存在しています。

バーキンの買取に関してはこちらで詳しく解説しています>>エルメスのバーキンを少しでも高く売る方法とは?買取相場や細かな査定ポイントなどを解説

高値で売れる定番のバッグ

上記の2つのモデル以外にも、エルメスの定番とされるバッグは買取相場も高いです。

  • ボリード
  • コンスタンス
  • ピコタンロック
  • リンディ

この辺りは長年エルメスの定番モデルとして、常に新作が登場し続けています。

定価以上での買取などは難しいものの、状態が良い品物であれば、間違いなく数十万円以上の高額買取が可能となっています。

財布や衣類は少し安めになる

財布は中古だと値段がつきづらい

バッグ以外の革製品に関しては、財布なども人気が高いです。

しかしながら財布は新品状態であれば高値がつくものの、使用感があるものに関しては極端に値落ちしてしまう特徴があります。

アパレル類に関しては、定価が高いものの、中古市場では需要が低くこちらも買取価格は今ひとつです。

衣類はもう少し若者人気の高いハイブランドの方が古着としての需要が高い傾向があります。

季節ものはシーズンイン前に売却

衣服などは季節の影響を受ける品も多いです。

アウター類やマフラーなどはシーズンが始まる直前くらいが買取相場のピークとなります。

季節ものの衣服などは売却するタイミングによって買取価格が変わってくるため注意が必要です。

素材や色によって買取相場が大きく変わってくる

エルメスの革製品は、同じモデルでも素材やカラーバリエーションが豊富という特徴があります。

それによって新品の定価はほぼ変わらないものの(※素材によって若干定価が変わるものもある)、中古市場では色や素材によって価格が大きく異なります。

人気の色や素材に関しては、エルメスで共通している要素のため、詳しく解説していきます。

人気の色について

エルメスの製品でもっとも人気が高い色は「ブラック(ノアール)」「エトゥープ」の二色です。

全てのバッグや財布など革製品でこの二色がダントツの人気で、人気のモデルでブラックやエトゥープの品物を入手するのは難しく、買取価格も高いです。

それについで、エトゥープと似ているグレー系のカラーも人気が高いです。

  • グリアスファルト
  • エタン
  • トゥルティエールグレー(旧グリトゥル・トゥリエール)
  • グラファイト
  • トレンチ

上記の色もモノトーン系で人気が高い色とされるものです。

そして「ゴールド」「ナチュラル」といった茶色系の色がその次に人気があります。

反対に派手めな色になると、需要が限られるといった理由から、鮮やかな色よりもシックな色の方が人気が高いです。

人気の素材について

素材に関しては、現在メインで扱われているのは以下の素材です。

  • ヴォーエプソン
  • ヴォースイフト
  • トリヨンクレマンス
  • トゴ

他にも種類はありますが、様々なバッグで使われているという点で見ると、上記素材が定番素材と言えます。

人気が高い素材の条件としては下記に当てはまるかどうかです。

  • 傷がつきにくいか(わかりづらいか)
  • 使い勝手(重さ)

これらの観点から中古市場で人気が高いのが「ヴォーエプソン」と「トゴ」になります。

新品状態や非常に綺麗な中古品であれば、そこまで大きな金額差にはならないものの、中古である程度使った場合には、素材の違いによって買取金額に大きな差が出てきます。

製造年刻印によって金額が変わってくる

バーキンの製造刻印

製造刻印で作られた時期がわかる

エルメスの製品は全て基本的には新しいものほど高値がつきやすいです。

いつ製造されたかどうかは、製品のどこかに記されている製造刻印を見ることで全て判別が可能です。

製造刻印のアルファベットが年式を示す

年式は全て、製造刻印のはじめのアルファベットで誰もが判別することができます。

2020年最新の刻印は「Y」で始まるもので、1997年〜2014年の間であればアルファベットが「□」で囲われています。

1996年それ以前の刻印はアルファベットが「○」で囲われているため、手持ちの品物で確認してみると良いと思います。

同じ品物でも刻印で製造年が新しいものほど、高値がつきやすいです。

エルメスを少しでも高く売るための方法

エルメスを少しでも高く売るための査定ポイントなどをまとめてみました。

高額な品物が多い分、少しのポイントで大幅な金額ダウンとなる可能性があるためおさえておきましょう。

付属品を揃える

エルメスの査定において付属品の有無は大きく影響するポイントの一つです。

特に状態の良い新品の品などを売却する場合には、付属品が全て揃っていないと新品とみなされないことも多く、査定に出す前にチェックしておきましょう。

ショルダーストラップは不可欠

ショルダーストラップが付属しているモデルも多い

バッグによっては2WAY用のショルダーストラップが付属しているモデルもあります。

高額なモデルだと「ケリー」「ボリード」などが挙げられますが、これらの査定においてストラップの有無は数万円単位で値段が変わってきます。

エルメスのストラップは単体でも中古で10万円ほどで売られている場合もあり、それだけでも価値が高いです。

またモデルによって、サイズが小さいもののみにストラップが付属するものがあります。

ハンドバッグとして使用していてストラップを使ったことがない、という場合もあると思いますが、必ず合わせて査定に出すのが高く売るためには必須条件です。

今一度、お手元のバッグがストラップ付属のものなのか確認しても良いと思います。

カデナなど小さな付属品も査定に影響する可能性も

エルメスのバッグの多くには「カデナ」と呼ばれる小さな南京錠が付属しています。

実際にわざわざ鍵を装着して使用していることは少ないですし、飾りのような意味合いも大きいですが、査定時には評価されるポイントの一つです。

またエルメスのカデナには南京錠本体に対して2つの鍵が付属しています。(※場合によってはクロシェットと呼ばれる鍵入れが付属していることもあります)

これらがセットではじめて付属品のカデナが完備という評価がされます。

正規店での磨きはOK、社外修理はNG

中古品の場合、状態の良し悪しによって大きく買取価格が変わってきます。

ただ壊れてしまったり、補修が必要な場合にも、無闇に直すことはおすすめできません。

直す場合には、必ずエルメスの正規店で行うようにしましょう。
パーツの交換や磨きなど一部有償にはなるものの、正規店で修理していれば、基本的に査定に影響を及ぼすことはないでしょう。

しかし自分で直してしまったり、社外の修理に出すと、査定時には指摘されるポイントとなり、減額の対象となります。

壊れているものを正規店以外で修理するよりは、そのまま査定に出した方が高値となるケースがほとんどです。

買取店を比較してみる

より高く売るのであれば、複数の買取店で見積もりを出すのが確実です。

商品の詳細な情報や状態などを伝えれば、目安を提示してくれるお店がほとんどですので、面倒でなければそうした努力もするに越したことはありません。

これに関しては、実際に査定に出してみないと金額が確約されないということを頭に置いておく必要があります。

事前の見積もりでは高値だったのにいざ査定に出したら安かったという話も非常に多く聞きます。

複数点をまとめて査定に出す

ブランド品の買取査定は、複数点をまとめて査定に出した方が高くなる傾向があります。

エルメスを取り扱っているお店がルイ・ヴィトンやシャネルを買取できないということはまずないため、もし不要なブランド品が他にもある場合には、同じところに査定に出すのがおすすめです。

単体では値段がつきづらいような小物や衣服などにも、しっかり値段をつけてくれる可能性も高まります。

エルメスを売るのにおすすめの買取店

エルメスの製品は非常に高額な品物が多いため、買取店によっても金額差が生じます。

状態の良い新品状態のバーキンやケリーなどは、どこの買取店にも欲しがられるため、結果的にそこまで金額差は出ないことが多いです。

しかしそのほかのモデルや中古の品物となると、状態の判断や現状の相場への正しい知識がないと、適正価格での提示はより難しくなるため、エルメスにより専門的に長けている買取店を利用することをおすすめします。

ファーストクラス

出張買取と宅配買取の専門店のため、実際に店舗への持ち込み査定はできません。

実績などをみてもエルメスのバーキンやケリーをメインにブランド品の中でも特に高価格帯の品物には非常に力を入れて買取しています。

実際の査定までしなくても、電話などで売りたい品物の詳細な情報を伝えれば、目安の金額なども丁寧に伝えてくれるため、おすすめの買取店の一つです。

コメ兵

全国に店舗展開しているコメ兵もエルメスの品物を買取査定するのにおすすめのお店です。

店頭以外の宅配や出張など幅広い買取方法に対応しているため使い勝手も非常によく、中古ブランド店の中でもっとも販売実績が多い大手のため相場も適切です。

状態が悪い品物よりも、店頭販売できるような綺麗な品物に強いとされています。

まとめ

エルメスは信頼できる買取店であれば、納得の金額で売却できることが多いです。

ステータス性も高く、古い品物でも値段が落ちにくい傾向があるため、自宅に眠っているエルメスの品物を試しに査定に出してみるだけでも、価値があると思います。

エルメスを売りたいという方の少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です