洋書を高く売る方法とは?専門書に強い買取店を選ぶのがおすすめ

洋書は売るお店を選ぶ必要があります。

大手の古本屋でも洋書を取り扱いしていないお店もあり、リサイクルショップなど知識に乏しいお店では、二束三文にしかならないケースも多いです。

専門書であれば、高値で売れる洋書も多いため、売るお店選びは重要です。

ここでは洋書の売却におすすめの買取店や、洋書を売る際の基礎知識などをまとめています。

洋書を売却する際のポイント

洋書を売却する場合、通常の書籍と違う点が多いです。

売却できるお店が限られるだけでなく、高く売れる本の傾向など、一般的な日本の古本とは異なります。

どんな洋書が高く売れるのか

洋書の場合、医学や学問の分野の本の需要が高いです。

コンテンツの独自性が高く、翻訳されていない本も多いため、洋書の需要が常に一定数あります。

それ以外にもファッションやインテリア、アートに関する洋書も値段がつきやすい傾向にあり、国内市場でも数万円もの金額で流通している品も多いです。

古本で比較的値段がつきやすい人気漫画の洋書版はどうかというと、「ワンピース」や「NARUTO」「鬼滅の刃」など、国内で流行っている分、需要はあるものの、日本語版を越える高値はつきづらいです。

洋書の場合、より専門的な分野の書籍に高値がつきやすいです。

洋書を売る方法について

洋書を売る方法は大きく分けて2つです。

  • フリマアプリなどで自ら売る
  • 本の買取店を利用する

数が少ない場合には、自分で売る方が高く売れる可能性もあります。

フリマアプリなどで売却する際の注意点

自分で売る場合、希望の値段をつけられることが一番のメリットです。

しかし、洋書の場合は似たような出品も少なく、相場を知るのが難しいため、なかなかすぐに適正価格で販売するのは難しいです。

また、個人間の取引においては、購入者とのトラブルにも注意が必要です。

状態を明記することはもちろんのこと、参考書や学問関連書籍の場合には、書き込みの有無などもしっかり商品説明欄に記述するようにしましょう。

日本語の人気漫画や小説などと比較すると、洋書は需要が限られるため、かなり売りづらいアイテムです。

人気の洋書やレアな書籍であれば、自らで売ることをおすすめしますが、初心者の方は売るまでに時間がかかる可能性が高いという点を念頭に置きましょう。

量が多い場合には買取店でまとめて売却するのが良い

売りたい洋書が多い場合には、買取店でまとめて査定に出すのが手っ取り早い方法です。

宅配買取サービスなどを利用すれば、ダンボールに詰めるだけで、どんなに多くの量でも査定してもらうことができ便利です。

金額に満足いかない場合には返却することもできますので、まずは査定に出しましょう(※査定後のキャンセル料や送料には注意が必要です)。

洋書の専門書は一冊あたり1,000円以上の査定がつく例も多く、自分で売却するよりも高値というケースもあります。

一冊あたりの査定額をしっかりつけてくれる買取店であれば、相場の目安にもなりますので、そういったお店を優先的に利用するのが良いでしょう。

洋書の売却におすすめの買取店

洋書の売却におすすめの買取店をピックアップしています。

専門書に強い古本買取店や、他のジャンルの不用品をまとめて売却できる便利な買取店などを中心に紹介しています。

洋書の売却を検討されている方は参考にしてください。

ブックサプライ

店名 ブックサプライ
公式サイト https://www.booksupply.jp/
主な特徴 ・バーコード入力で買取価格が調べられるお試し査定あり
・査定金額2,000円以上で送料が無料
・流行りの書籍や漫画は買取強化中
・宛名書き不要で初心者でもスムーズな利用が可

ブックサプライは宅配査定専門の買取店で、不要な書籍をダンボールで送るだけで手軽な査定ができます。

本の取り扱いジャンルも幅広く、専門書や、医学書、デザインや建築関係の洋書なども取り扱いしています。

査定費用は査定額が2,000以上の場合は無料ですので、ある程度まとまった数の書籍を売却したい場合におすすめです。

書き込みがあったり、破れていたりとコンディションが悪い品に関しては、買取不可となるため注意しましょう。

バリューブックス

店名 バリューブックス
公式サイト https://www.valuebooks.jp/
主な特徴 ・本棚の写真を撮って送るだけの簡単事前査定サービスあり
・買取価格アップキャンペーンあり(※不定期)
・一冊一冊の個別の買取金額がわかる明細つき

バリューブックスは本の写真や、本棚の写真を送るだけで事前に見積もりが取れるという画期的なサービスが魅力の買取店です。

だいたいどれくらいの値段がつくのか事前に調べられる点は、他の買取店にはないおすすめポイントです。

事前の見積もりを元に、売る本と売らない本を自分で仕分けして、集荷をかけることができ、より効率的に洋書を売却できます。

一冊ごとの見積もりも提示してくれるため、どの本がいくらかはっきりわかることも良心的です。

一箱につき500円の送料がかかり、査定額から差し引かれるシステムですのである程度金額のつく品でないと、相殺され無料引受となってしまうことがあります。

申込時に「ソクフリ」を選択するとスピーディーな入金が可能ですが、キャンセルや返送ができなくなってしまうので注意してください。

専門書アカデミー

店名 専門書アカデミー
公式サイト https://www.academybook.net/
主な特徴 ・大学の教科書、専門書、医学書の専門買取店
・古本屋では値段がつきにくい専門書の高額査定が可能
・医学、数学、化学、細胞学、語学など学問の洋書を高価買取

専門書アカデミーは一般的な古本屋などでは、適切に評価されづらい参考書や医学書などを専門に取り扱う買取店です。

ジャンルの幅は狭まりますが、学問ジャンルの洋書の買取に力を入れている数少ない古本買取店と言えます。

発売から日が浅い書籍であれば買取保証もあり、多少書き込みがあるものでも買取が可能なため、使い終わった専門書等を売るのに最適です(書き込みが多い書籍は一部買取不可)。

より専門分野に特化したスタッフが一点一点金額を提示してくれるため、専門書の洋書を売るのにおすすめです。

BUY王

出典:BUY王

店名 BUY王
公式サイト https://www.buyking.club/
主な特徴 ・書籍は1カ月以内なら50%、3カ月以内なら30%の買取保証つき(※コミックなど一部商品を除く)
・はじめての利用で買取価格2,000円アップのボーナスあり
・業界トップクラスの100ジャンル以上を買取可

BUY王はまとめ売りでボーナスが増える宅配買取専門サービスです。

基本的にどんなものでも買取対象のため、洋書だけでなく、自宅にある不要な品物をまとめて売却したいという際におすすめの買取店です。

送料などの費用は20点以上で無料となるため、ハードルが少し高めです。

書籍全般以外にも、家電やゲーム機器、その他100ジャンル以上の品物の買取が可能なため、売りたい品物がとにかく多いという場合は便利な買取店だと言えます。

少しでも高く売るためのポイント

基本的なことですが、はじめて買取店を利用される方に向けて、少しでも高く売るためのポイントを解説しています。

できるだけ早く売る

書籍は多くの場合、発売されてすぐがもっとも価値が高く、時間が経つにつれて相場は下がっていきます。

買取店によっては“発売から1年以内の書籍は〜%買取”といった買取保証サービスを行っている場合もあり、できるだけ早めの方が高値がつきやすいです。

状態をできるだけ良く見せるコツ

状態によって査定金額も変わってくるため、できるだけ綺麗に見せることも高く売るためには重要なポイントです。

洋書は日本の書籍よりブックカバーの質が悪い品も多いです。場合によっては、シワ伸ばしなどを施した方が綺麗に見えることもあります。

長年眠っていた書籍の場合には、埃などが付着していることもあるため、査定に出す前には埃を払うようにしましょう。

複数店で査定を比較する

少しでも高く売りたいという場合には、複数の買取店での見積もりを比較した上で売却するのがベストです。

手間はかかりますが、金額が大きくなればなるほど、お店によって査定額に差が出ます。

そのため、まとまった点数を売却する場合には、1社だけの査定で売却するのはリスクも高いです。

その際の注意点として、宅配買取の場合、査定後のキャンセルをすると返送費用を負担しなくてはならないサービスが多いです。

比較するにしても、古本屋を片っ端から査定に出すのではなく、ある程度お店を厳選した上で、2〜3社程度の比較にしておくのがおすすめです。

まとめ

洋書は一般的な日本の書籍と異なり、どんなお店でも値段がつくわけではありません。

リサイクルショップなどでは高値がつきにくいだけでなく、古本屋でも取り扱いしていないお店も多く注意が必要です。

洋書は需要が限られていますが、価値の高い品であれば、一般的な販売価格と関係なく高値の査定がつくケースも多く、まとまった点数を売却すれば、ちょっとした臨時収入になります。

手元にある洋書を売却したい場合には参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です